父・子・聖霊なる神の交わり、その似姿への回復―正教会の信仰と霊性


新刊CD 12/10発売! ご予約受付中

古くからのキリスト教のあり方を留めていると言われる正教会。
そこで重んじられているのは、三位一体の神秘。
父と子と聖霊。この神秘に似せて、私たち人間は造られた。それは、神ご自身の交わりへと私たちを招くため。 被造物全てを完成へと導くため。
その正教会の信仰と霊性を知る事を通して、教会の違いを超えて、ひとりの主を仰ぐキリスト教信仰の源泉を見つめ直したく願います。

ゲオルギイ松島雄一氏(まつしまゆういち) 日本正教会大阪ハリストス正教会管轄司祭
聞き手・長倉崇宣

【商品情報】
CD 定価 2,000円
CD1枚/65分間収録

ご注文はこちら
ゲオルギイ松島雄一氏
【ご注文】
▶CD  定価 2,000円 新刊特価 1,600円
購入する

※CD版のみの商品です。


ページトップへ↑